× Coinmen Services Assurance Tax Transfer Pricing Corporate Secretarial Corporate Finance Financial Accounting Transaction Advisory Resources Resource Center Blog Videos Contact us

所得税課は多国籍企業の握りを強化する

インドの税務部門は、今日、税金を払っているようです。タックスマンは、WalmartとFlipkartに「Friendly notice」を送信してから、複数の多国籍企業(MNC)に、2011-12年度の評価査定のための報道を依頼し、インドで得た収入の詳細を提出するよう求めました。このような多国籍企業は、主に米国を拠点としており、主にエンジニアリングサービスなどのサービス部門に従事しています。また、インドに子会社または代表事務所を持っていない場合もあります。発行された通知は、部門がインドで評価を逃れたと主張する所得の詳細を求める税務署を持っています。

通知が送られたこれらの企業がどのように選ばれたのかを言うことは難しい。しかし、それはインドの顧客によって行われた支払いから抽出されたデータに基づいているように見えます。

このような通知は、他の方法で税金が支払われないかもしれない外国企業のコンプライアンス負担を確実に増大させ、税金はインド所得で既に控除されています。したがって、取引が子会社のようなインドの関連当事者にあった場合には、移転価格決定の角度も現れます。

これらの通知は、税務部門の子猫にもっと多くの収入をもたらすかもしれないが、政府によって最近広く宣伝されている「インドでのビジネスの容易さ」の感情に悪影響を及ぼす可能性がある。

外国企業は必然的に、当局が納税申告書を提出しないための訴追手続を開始することを可能にする最近の予算改正にさらに心配する必要がある。

これらの公表された通知は、おそらく税金の下でより多くの企業をもたらすだろう。 AY 2011-12はちょうど始まりかもしれません。

Shalki Bansal によって書かれた

Shalki Bansal は、Coinmen Consultants LLPの税務・規制サービスのシニアコンサルタントであり、国際課税に関する専門知識を有しています